がめの体外離脱日誌

主に体外離脱について書きマウス。更新停止中

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
BLOGTOP » CATEGORY … 離脱日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
正月は成田山に行って参りました
賽銭箱がものっそい長かったです。

~~

2月1日から身内の都合により海外へ滞在する事となりました。
更新は2013/01/27で一時停止とさせて頂きます

再開につきましては恐らく2014年の中旬頃になると思います

早い報告ですが、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

名倉旅行2

2012/12/17


今回も名倉旅行に挑戦前回は行った事が無い場所だったので今回は過去に行った事がある場所へ行く事にした

場所はオーストラリアの某観光地

自分の部屋スタートだったので前回と同じ要領でワープ

目を開けると想像したのと同じ場所に行けた

適当に歩き回っていると昔行ったレストランがあったので入る。
メニューを見てみると記憶とほぼ一緒だった

頼んだ事のある料理を頼んで食べる・・・が味はしなかった。

その後は海に行って泳いだりサメと戦ったりして遊んでいた

ーー

前回との違いは
・景色が遠くまで続いている
・NPCの会話が成立する
・団体で話しているNPCがいる
・NPがあまり減らない(たまたま?)
こんな感じ

~~

更新遅くなった上短くて申し訳ないです・゜・(ノД`)・゜・

今年の更新はこれで終わりです、来年もよろしくお願いします。
皆様良いお年をお過ごし下さい。

名倉旅行

2012/12/15

友人の家で雑魚寝していた
かなり寝苦しかったが30分位目を瞑っていたら振動が来たのでそのままローリング

~~

かなり前からやろうと思っていた名倉旅行に挑戦してみた

渡辺で行きたい場所の写真やらグーグルアースなりで確認して名倉で想像する(今回は神社)。
今回は京都の写真を画像検索から適当に探してiPhoneに入れ時々見てた

目を閉じて京都の写真を思い起こす。しばらく目を瞑ってから目を開けると場所は変わってなかった

もう一度挑戦、今度は想像しながら歩いてみる。歩くと同時に景色も移動するイメージをする
歩きながらゆっくり目を開けると想像していた場所に居た想像した場所に居た
大分視界がぼやけてたので目を瞑って数数えをして回復させる

巫女さんやら修行僧?やらがぞろぞろ居たが、観光客らしい人は居なかった。入り口まで行ってみると門が閉じていた。

適当なNPCに話かけるが反応が無いか会話が成立しないかのどちらかだったので観光に集中する事にした

寺の中で大きな30畳位?の場所で剣道や薙刀の練習をしてる人達が居た、混ざろうかとも思ったけど恐ろしいので外に出る

外は石庭が広がっていた。かなり綺麗だったので思わず感動してずっと見ていた。

後は適当にぶらついてたりして適当に過ごしてた

~~
次回は行った事ある場所に旅行する予定



汚物は

2012/11/24

渡辺想起法で挑戦
5辺りから振動が来たのでローリング

~~

自分の部屋だった
取り敢えず地面を叩いて視界を回復させる

いつも枕元に置いてある携帯が無かった、あと何故かゲームキューブが4つ重ねられて置いてある

取り敢えずパートナー&ガイド探しをするために鏡に向かう

俺「パートナーさんでておいでー」

と言ったらハゲ頭が鏡から生えて?きた
前回のおっさんだった

何故かふんどししか装備してない

お「よう」
俺「いや、俺パートナー呼んだんだけど」
お「俺じゃダメ?」
俺「超ヤダ」
お「と、思うじゃん?」
俺「思うよ!」
俺「というかなんで名倉でおっさん見なきゃいけないんですかね?」
お「おっさんはやだ...お前もホモか!」
俺「どうしてそうなる」

とりあえずおっさんを鏡に返して外に出る

隣の家にオープンカーがあったのでそのまま乗る、鍵が無かったが普通に運転できた

適当にドライブしてると後ろから爆音がする
振り向くと世紀末風の格好をしたキチガイNPC達がバイクに乗って走っている
並走したと思ったら絡まれた

世「ウィーwwwwwww」

発狂しながら鉄バットで車を殴ってくるのでドアが外れてそのまま吹っ飛ぶイメージをしながらドアを蹴る
ドアが綺麗に外れて世紀末野郎を巻き込んで遠くに行った

まだ後ろに二人居たので急ブレーキをかけてバンパーにぶつける

一人は車の前に着地したのでそのまま轢く
もう一人は綺麗に助手席に着地していた、何故か姿勢良く座っている

俺「降りろコラ」
世2「いやちょっと山田電気まで乗せて下さいよ」

ショットガンを召喚して無理矢理降ろした

その後ずっと世紀末軍団とカーチェイスをして遊んでいるとアラームが鳴り起床

パンタジー

2012/11/13

高速カウント法で挑戦
200~から数字が飛んだり戻ったりしてくる
それでも適当に数字を数えていると振動、ローリング

~~

視界が真っ暗だったので顔をペタペタ触りながら歩く
足の感覚が戻ってきて、足元は石畳なのが分かった

しばらく歩いて目を開けると目の前に大自然が広がった
ファンタジーの世界に来たようだった

革の服を着ていて腰には剣、盾があった、腰にはそこそこ大きめな鞄があって、中には干し肉や草が入っている

周りの景色を楽しんでいると全身鎧のおっさんと会った

「昔はお前のような冒険者だったが、膝に矢を受けてしまってな...」
俺「どこから拾ったんだそのネタ」
「お前の脳みそ」
俺「そりゃそうだけどさぁ...」

とりあえずおっさんは大きな街に向かうらしく、着いていく事にした

江頭の話とか恋バナをしてた
おっさんホモだったけど

街に着く
人がかなり多く、それなりに栄えているようだった。

おっさん「今から娼館行くけど、行く?」
俺「いやです」
おっさん「男の性だろ!行こうぜ!」
俺「ホモ野郎と一緒に行く娼館とか怖いんでいやです」
おっさん「俺とラブホ行く訳じゃないんだぞ?」
俺「分かってるよ!でもどうせ男しかいないんでしょ!」
おっさん「こんだけ広いんだ!両方あるに決まってる!」
俺「お、おう」

まだ名倉でエロスを体験した事がなかったのでやっぱり着いて行く事にした

大きな木の建物で、その前にはきわどい服を着た女性が4人程客寄せしていた

おっさんと一緒に入り、手続きをする
羽ペンで色々書かなくてはいけないのだが、いかんせん慣れてないので時間がかかった

一通り手続きが終わって、おっさんと別れて指名された部屋に行く、女性の方からこちらに来るらしい

としばらく待っているとアがノックされた
返事をするとなんと豚を擬人化したような人間が入って着た

俺「ち、チェンジで」

と言ったがなぜかこちらに襲いかかってきてズボンが脱がされそうになる

流石に命?の危険を感じたので豚を引き剥がそうとする

が、やけに馬鹿力で離れない、豚の汗が飛んでくる

抵抗しても無駄そうなので無理矢理覚醒して脱出

コンティニューに挑戦してみたが無理だった

~~

起きたら寝汗かいてた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。