がめの体外離脱日誌

主に体外離脱について書きマウス。更新停止中

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 参戦争BLOGTOP » 離脱日誌 » TITLE … 参戦争

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参戦争

2012/8/5

名倉想起法にて挑戦

9程で徐々に五感を得てきた
夢になりそうだったのでそのままローリング

~~

城の中に居た
ロンドン塔に似てるが少し違う。記憶が曖昧なせいか見た事が無い地形や場所が多かった

人気はないが下の階から大勢の話し声が聞こえるので向かう

兵士の詰め所のようだった。
武装した兵士達が何人かのグループに分かれて話していた

話を聞こうとするがどいつもこいつも日本語じゃない言語で喋っている。

会話は諦めて詰め所を歩き回っていると装備が詰められてる5つの木箱が並んでるのを発見したので開ける

各部位の装備がそれぞれにまとめて入れてあった。

鎧を取り出そうとするが重くて持てない

しばらく装備を弄ってると馬に乗った将軍?のような人間がやけにデカい声で叫びながら入ってくる、どうやら集合のようだったので周りの連中に合わせて集まる


まあ。何言ってるのかは相変わらずサッパリだが・・・


と一通り話し終わったようで、将軍が叫んだと当時に周りの人間が咆哮した。
将軍そのまま外に走りだすと後を追うように兵士達も外へ出る。

自分も周りの連中と同じように外に出るとまんま平原だった

起伏もほぼなく、まさにWindowsの壁紙「草原」のような場所に居た


反対側からもこちらと同じように軍団が走ってくる

軍団と軍団がぶつかり合った


人が多い、とにかく多い!

いくら待っても敵が来ない、っというかムシ暑かった、周りの連中が暑苦しくてさらに暑く感じた。

だんだんじれったくなってきたので瞬間移動をして敵軍のど真ん中へ

そこで戦国将軍よろしく叫んでみた



「手柄が欲しけりゃ俺を殺さっ・・・してみろ!」

噛んだ


周りの連中がこちらに武器を向けて走ってくる。

瞬間移動を使って近づき殴りつける

殴ると吹っ飛び、それに当たってさらに人が吹っ飛ぶ、見てると処理落ちしそうな視界だった

謎の連鎖を見て楽しんでいると視界が急に悪くなる

なんとか回復させようとするが失敗

そのまま目が覚めた

~~

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。